魔球、デイジーカッター![弐式]

我は「下手の道具調べ」の体現者也。

ポリスピン3D vs ポリツアータフ

最近試した中では断トツの「ヨネックス ポリツアータフ 16L」。

 

ついにチャンピオン「プリンス ポリスピン3D」に挑戦です。

 

今回打ち比べてみましたが、結果は甲乙付け難く、球種によってはポリツアータフの方が打ち易い印象です。

 

例えばタッチ系のショットです。

 

ネット際にドロップショットを落とそうとして、ネットを超えないミスを結構してしまうのですが、ポリツアータフの方が飛ぶ分ネットをちゃんと超えてくれます。

 

ただその反面(タッチショットではなく)スライスで逆回転を掛けてドロップショットを打とうとすると回転が充分で無かったり思っているより深くなって返されてしまうことがありました。

 

ポリスピン3Dの方がスピンはかけやすく、飛ぶ分球威はポリツアータフの方があると言えます。

 

その飛びに関してですがポリツアータフはやはり気を抜くとバックアウトしますが、慣れてきたのか、伸びて飛びが悪くなって来たのか、コントロールが効くようになってきました。

 

飛びが少し落ちてきたからなのか、前回打ち難かった逆クロスも打ち易くなって来ました。

 

ただポリスピン3Dの方はセッティングがハマっているのか飛びが丁度良くバックアウトも球が浅くなることもないので長短のコントロールを意識せず左右のコントロールに専念出来ます。

 

ポリツアータフは球威で押して相手のミスを誘いウイナーを取り、ポリスピン3Dはコントロールで相手のオープンスペースを狙いウィナーを取る。

 

そんな違いですが、どちらもストロークは打ち易いと思います。

 

衝撃吸収性能はどちらも高いと思いますが、ポリツアータフの方がオフセンターの時の衝撃がより抑えられているような気がします(でも前に書いた肘に優しいかも?に関しては肘の違和感がなかったのはたまたまだったので撤回します)。

 

そのため、サーブ、スマッシュの打ち易さに関してはポリツアータフに軍配が上がります。

 

ボレーとリターンはポリスピン3Dの方が若干球持ちが良いので、修正が効く感じがして打ち易いと思います。

 

それぞれに他方より優れている点がありますが、どちらも決定的なマイナス点というものがない非常に満足度が高いストリングです。

 

敢えてマイナス点を挙げるなら、ポリスピン3Dはバックハンドのスライスが不発し易い点、ポリツアータフは飛び過ぎという点です。

 

どちらも100点ではないかもしれませんが、95点くらい付けても良いくらいだと思います。

 

現時点ではポリスピン3Dの手持ちが無くなったら、ポリツアータフを使うということでひとまず心配の種は無くなりました。

 

とりあえず目的は果たしたので急ぐ必要はありませんが、ポリツアータフを購入するとしたら、リールで購入した方が安いうえ、このストリングは日本未発売モデルなので入手出来なくなるリスクを避たい。

 

でもリールで買って、不満が出てきたら残った分はどうするの、という問題が出てきますので、悔いを残さないように慎重に決めたいと思います。

 

それに購入済みでまだ使っていない手持ちのストリングが残っているので少なくともそれらを試してみてから決断です。

 

次に試すストリングはこの95点を上回れるかどうかという判断基準になるので結構高いハードルを超えなければなりません。

 

◯ ヨネックス ポリツアープロ 16L

 

ポリツアータフが非常に高評価なので、ポリスピン3Dに近い硬さのプロも是非試したい。

 

◯ウェイスキャノン モスキートバイト18

 

ポリスピン3Dに近い硬さで入手性、コスパから絞り込んだ最後のひとつ→と言ってもポリツアータフが高評価だった時点で近い硬さというのが企画倒れした感はありますが...。

 

f:id:VVizzy:20191119233949p:image

 

 

 

 

 

 

 

Yonex Poly Tour Tough 16L -つづき-

前回試したときは飛び過ぎが気になるもののボールスピードは出ており、いつものフラットドライブの打ち方を変えなくても何とかなりそうな点が好印象だった「ヨネックス ポリツアータフ 16L」。

 

もうひとつ良い点がありました。

 

気のせいかもしれませんが、このストリングは肘に優しいのかもしれません。

 

テニスエルボーになってしまい、プレイ中に痛むというようなことはないのですが、普段重いものを持ったり、肘を押すと鈍痛があります。

 

と、言っても医者によると極めて軽度でテニスをしても問題ないとのことなので、特にテニスを休んで静養というようなこともしていません。

 

いつもならテニスをした翌日、翌々日には上記のような症状がありますが、このストリングを使ったらほとんど症状が出ませんでした。

 

もしこれがたまたまでないなら多少オーバーするくらい全く問題になりません。

 

以下、期待満々で、1週間空けて使用二回目の感想です。


フォアハンドストロークに関してはやはりオーバーが多いのと逆クロスが打ち難い点がマイナス点です。

 

でも、球は走っているようで戻って来ないことが多かったので、そこはプラスのポイントです。

 

バックハンドストロークはフラットもスライスも打ち易く、特に前回より良くなっているように感じるのはスライスでの回転が掛けやすくなっている点です。

 

ボレーも打ち難さはないし、スマッシュ、サーブに関しても衝撃が来ないので打ち易く感じました(スライスサーブも前回より曲がるような気がします)。

 

総じて満足度は高いですが、欲を言うならやはりバックアウトがもう少し減ってくれれば安心して打ち込めます。

 

もう試したのがだいぶ前で記憶が薄れつつありますが、クリームも飛び過ぎ問題がありましたが、球威はポリツアータフの方がありそうなので同じ苦労するならこちらかなという気持ちです。

 

ポリツアーシリーズが非常に良いストリングなのか、硬さがポリスピン3Dより硬いから良いのか分かりませんが、こうなるとタフだけではなくポリツアープロも試してみたくなりました。

 

ただ、次回はポリスピン3Dと打ち比べて、その後はしばらくテンション維持性能をみようと思いますので、プロを試すのは少し先のことになりそうです。

 

今のところ、クリーム <<リンクス <<<ポリツアータフで ポリスピン3Dの後継ストリングとして頭ひとつ抜けた感じです。

 

コスト面でも国内ショップからリールで買えば1張あたり667円とリンクス を上回るコスパですし。

 

Yonex Poly Tour Tough 16L -初打ち-

手持ちのストリングを漁っていたら出て来たあまりにもスペックが違い何故買ったのか分からない「ヨネックス ポリツアータフ16L」。

 

あり得る理由は何かと間違えて購入。

 

似たような名前のストリングで「ヨネックス ポリツアープロ」が、Stiffness(硬さ)の数値が181とポリスピン3Dの178に非常に近い。

 

f:id:VVizzy:20191104175301p:image

 

入手性とコストパフォーマンスを考慮すると上の2つのストリングが最後の候補(ポリスピン3Dと硬さは同じクリームとルミナスピンに飛び過ぎ問題が有ったことを考慮しもう少し硬い=飛ばないストリングにも選定対象を広げました)。 

 

ポリツアータフとポリツアープロを間違えた疑い(きれいさっぱり何も覚えていませんが)が濃厚ですので、本当ならプロを、と言いたいところですが、手元にタフがあるので勿体無いので先ずはこちらを試すことにしました。

 

テンションを少し調整しようかとも思いましたが、使ったことのないストリングなので飛ぶのか飛ばないのかも分からず、比較を容易にするためにもいつもと同じ52lbs.で張ることにしました。

 

毎回初回とその後で印象が違って感じるので今回は初回の感触を忘れないように備忘録として記し、結論は次回以降に持ち越すことにします。

 

フォアのストロークが結構な飛び過ぎで、これはダメかなと思いましたが、気を抜かなければまあコート内に収められます(オーバーのミスが多かったですが)。

 

少し面白いのが、今まで飛び過ぎが気になったストリングはフラットドライブで打つとオーバーで下からスピンをかければ入るという感じだったのが、ポリツアータフは逆でフラットドライブでは入り下からスピンをかけると落ちずにそのままアウトになります。

 

でもスピードは出ているように見えます。

 

スピンはスライスの回転具合を見てもあまりかかる方ではないような気がします。

 

ストロークが良いストリングは球離れが良い反面、球持ちが悪いのでボレー、バックハンドストロークが打ち難い傾向がありましたが、このストリングは不思議とボレーが非常に打ち易く感じます。

 

バックハンドストロークも今回はスライスで回転具合を見ていたのでフラットはあまり打っていないのですが、そんなに打ち難さは感じませんでした(次回フラットでもっと試したいと思います)。

 

サーブはルミナスピンと比べると衝撃を感じました。

 

スライスはあまり曲がっているようには見えませんが、返ってこないので案外回転がかかっているのかもしれません。

 

硬いストリングの方が球離れが良いのではないかと思いましたが、何となく今回の結果からは球持ちが良いと言うべきなのかもしれません。

 

もしかすると硬さが取れて飛び過ぎ問題も解決するかもしれないので次回どうなるか楽しみです。

Yonex Polytour Tough 16L

残念ながら「使えません」と結論付けたルミナスピンは勿体無いですが切ることにしたので、何を張るか考えていました。

 

手持ちのナチュラルガットを張ろうかと思い探していたら、何故買ったのか思い出せないストリングを見付けました。

 

ヨネックス ポリツアータフ 16Lです。

 


 

 

テニスウェアハウスのストリング性能データベースを見ようと思ってアクセスしたらデータが表示されなかったので、何かサイトに不具合が生じている様です。

 

ログを取っている人がいたのでデータを確認したところ、以下のようなものでした。

 

硬さ: 193.7

テンションロス: 41.2

スピン性能: 5.3

 

ポリスピン3Dの硬さは178.9なので、数値的には似たストリングとは言えないようです。

 

通販の購入履歴を見ると比較的最近買っているので、テニスウェアハウスのストリングツールを使って探したのだと思いますが、近い数値とは言えないので、幾ら考えても何故買ったのかが全く思い出せません。

 

昔使っていたシグナムプロ ポリプラズマ 1.18 が197.2なので、使えないことはないと思いますが、これでポリツアータフが非常に良ければ完全に企画倒れに終わります...。

 

でも気になるので次はこのストリングを試してみようと思います。

 

ブラックヴェノムをダメ元で試すよりは当たりを引く可能性があると思うので。

Gosen Lumina Spin 16L -つづき-

前回印象が今イチだった「ゴーセン ルミナスピン16L」。

 

自分の場合、張ってすぐは硬さが気になり、大抵印象が良く無いので、二度目以降の使用まで結論を出すのは保留することにしています。

 

初回の印象として、最近試したストリングの中では、飛び過ぎてしまうところが、「クリーム」に似ているかもと思いましたが、今回それが覆ることはありませんでした。

 

むしろ、クリームはテンションを調整すれば何とか使えそうですが、ルミナスピンは飛び過ぎの具合がもう一段上な感じです。

 

また、クリームは飛び過ぎは気になりますが、その分球速は出ていますが、ルミナスピンはそれがない。

 

力が乗り切る前に飛んで行くイメージで、自分にはどうもタイミングが合いません。

 

ボレーのコントロールもし辛いし、今回良い点が余り見付かりませんでした。

 

試しに、途中でポリスピン3Dを張ってある方のラケットを使ってみましたが、それからルミナスピンの方のラケットに戻すことはありませんでした。

 

やはりポリスピン3Dの打感は素晴らしい。

 

在庫処分セール品の安さに目が眩み、まだ充分使えるハイパーGを切ってルミナスピンを試してみましたが、結論は切らなけれ良かったで決まりです。

 

使えないと判断したストリングを張ったままにしておいても結論が変わることもないと思うので、勿体無いですが切って別のストリングに張り替えようと思います。

 

もう試したい新ストリング候補も無いので、コスパが一番良いリンクスを張ってもう一度試すか、間違えて買ってしまったブラックヴェノムをダメ元で試すか、それとも手持ちで使わずにいたナチュラルガットを張ってみるか、少し考えてみます。

Gosen Lumina Spin 16L -初打ち-

在庫処分で299円という破格の値段で売りに出せれているものの、セール期間がいつまでなのか分からないため、急ぎ試す必要が出て来た「ゴーセン ルミナスピン 16L」。

 

まだ3回しか使っておらず今ひとつ特徴が掴み切れていない「ソリンコ ハイパーG」を泣く泣く切り、ルミナスピンを急遽試してみました。

 

大体張り立てのときは印象が悪いので次回以降印象も変わるかもしれませんが、ハイパーGを切らなければ良かったというのが現時点での感想です。

 

お金(安さ)に目が眩んで、結局損をした感じになっています。

 

たとえ次回までにセールが終わり入手不可になっても多分後悔なく諦めが付く気がします。

 

とは言っても勿論、全く良いところがない訳ではなく、打感は非常に良かったです。

 

何だかんだ言っても、自分にとって打感の良さはストリングに求める性能の中で上位に来る外せない条件です。

 

でも、打感という意味では、最近試したリンクス、クリーム、ハイパーGのいずれにも不満は無いので、比較するとなるとそれ以外の要素でということになります。

 

自分の中では特に調整せずに打って理想のボール軌道を描くかどうかが非常に重要です。

 

ネットの低い位置を通る深いフラットドライブが理想なので、意図せず高いボール軌道になるストリングはNGです。

 

そういう意味ではルミナスピンの軌道自体は良い感じでした。

 

が、強く打ち込むと吹かしてオーバーしてしまうので高低と長さのコントロールに少し難ありです。

 

クリームも同じ様に飛び過ぎ問題があったので、自分の中では結構この二つは似たイメージですが、現時点ではクリーム>ルミナスピンです(クリームは二度目に使ったら全く印象が変わっていたのでルミナスピンにもそういう変化を期待します)。


f:id:VVizzy:20191023132759p:image

f:id:VVizzy:20191023212608p:image

どちらもボールスピードはハイパーGよりは出ている印象です。

 

球乗りが良過ぎて思っているよりクロスに行ってしまうのはハイパーGにも共通していますが、慣れの問題もあると思うので、もしかしたら次回は気にならなくなっているかもしれません。

 

今回使ってみて一番印象の悪かったショットはボレーです。

 

とにかく打ち難かったという感想だけが残りました。

 

でもノーバウンドで打つ球種が全てダメかと言えばそうでもなく、スマッシュを打った感触では、衝撃吸収性も非常に高く、恐らくスライスサーブを打っても良く曲がりそうで悪くないのではないかと推測します。

 

そういえば、気になっていたピンク色は思ったほど気になりませんでした(むしろ違和感ということならハイパーGに緑の方が大きい)。

 

他の人にも聞いてみましたが、赤に見えるという人がいたので意外と行けるのではないでしょうか?

 

結論は次回に持ち越しです。

 

先ずは初回の印象を備忘録として書いてみました。

Gosen Lumina Spin 16L

テニスウェアハウスの「似たストリングを探す」ツールを使って廃番になったポリスピン3Dに代わるストリングを見付けようと色々試しています。

 

テニスウェアハウスによるとストリングの硬さ(stiffness)が一番重要な要素とのことですので、ポリスピン3Dの数値である178.9と同じか近い数値のストリングということで、177〜180の中から選んで来ました。

 

今のところ、クリームでもリンクスでもハイパーGでも使えそうという感じですが、一長一短があり100%満足という訳ではないので、何かもっと良いストリングがあるのではないかという青い鳥症候群を発病してしまいました。

 

これら4つの数値の中で入手性も考慮すると最後の一つとなりそうなのが、次のストリングです。

 

「ゴーセン ルミナスピン 16L」です。

 

f:id:VVizzy:20191020012324p:image

 

ただこのストリングを試すとしても幾つか問題があります。

 

先ず入手性ですが、決して入手が困難な商品ではありません。

 

が、「今のところ」という枕詞が必要なようです。

 

在庫が無い色があったり価格が大幅値引きされていることから推測するに、どうも廃番が決まっているようです。

 

廃番になったポリスピン3Dの代わりに同じく廃番になるストリングを選んでも意味がありません。

 

ですので、候補から外そうと思いましたが、値段が余りにも下がっているうえ、在庫は買い溜めが出来そうなくらいありそうなので、試してみることにしました。

 

ただし、このストリングはカラーバリエーションが二種類あってイエローとピンクなのですが、もう一つの問題というのは安売りしているショップではピンクしか在庫がありません。

 

まあ、色は慣れれば気にならなくなるのかもしれません(ハイパーGの緑にも違和感を感じなくなって来ました)。

 

在庫処分セールをしているからこんなに安いのだと思いますが、果たしていつまでやっているのか?

 

早く試して、もし良ければ速かに買い溜めしないと手に入らなくなりそうです。

 

でも今張ってあるハイパーGはまだ3回しか使っていないし、もう一本にはまだ充分使用出来るポリスピン3Dが張ってあるので、どちらかを切るのか、そして切るならどちらをというのが悩ましいところです。

 

 

クリーム・リンクス・ハイパーGのコスパ

それぞれ一長一短があり、どれもポリスピン3D越えのパーフェクトストリングとは言えませんが、どれも使用に問題がある程のマイナス点がある訳でもありません。

 

そこで、この中から一つを選ぶとして、パフォーマンス以外の要素で何か決め手になるものがあるか考えてみました。

 

至った結論は経済性(コストパフォーマンス)です。

 

それぞれにつき下の価格①②③を計算してみました。

 

①単張ストリングの国内価格(ロールのバラ売り)

②ロール購入時の一張あたりの国内価格

③ロール購入時の一張あたりの海外価格

注)上記価格は税金(関税は未調査)、送料含む。

 

クリーム17 ①1460 ②1219 ③1044

リンクス17 ①1230 ②1056 ③870

ハイパーG18  ①1395 ②966 ③1086

 

以上の計算結果から、選択肢は以下三つ。

 

1) 価格第一ならリンクスを海外通販でロール買い

2) 個人輸入の手間を惜しむならハイパーGを国内通販でロール買い

3) ロールで買う程大量に必要でなければリンクスの12mお試しガットを都度購入

 

これらのストリングのいずれかでも抜きんでていたら、そもそもパフォーマンス以外の要素で判断する必要などないのですが、パフォーマンスで満足していないものをロールで買うのは後で後悔しそうなので、3)が順当かなと思います。

 

①の価格と②③の価格を比べると値差があるので、若干損した気分ではありますが、これらのストリングより良いものが見つかる可能性も捨て切れないので在庫を持たないのが肝要なのかなと。

Polyfiber Black Venom 16 (昔の感想)

テニスウェアハウスの似たストリングを探すツールを使って廃番になったプリンス ポリスピン3Dに代わるストリングを見付けようと現在ソリンコ ハイパーGを試していますが、ツールで数値だけを見て探していたら昔試したことのあるストリングを気付かずに候補として購入してしまいました。

 

「ポリファイバー ブラックヴェノム16」です。

 

選んだときは昔試したことは完全に忘れていましたが、何か引っ掛かって昔のブログ(現在閉鎖中)を調べたらありました。

 

書いたのは6年半前で、ラケットとテンションは今と同じで変わっているのは使い手である自分(怪我の影響と加齢で悪い方に)だけです。

 

改めて読み返すと非常に残念な感想で、もう少し早く気付いていたらきっとブラックヴェノムをもう一度買うことはなかったでしょう。

 

以下昔のブログからの抜粋です。

 

調べたところポリファイバーの「ブラックヴェノム」の16ゲージがスペック的に一番近そうです。


しかもポリスピン3Dではあまり感じなかったスピン性能も上。


自分が感じているポリスピン3Dの良いところはその喰い付き(Ball Bite)とホールド感(Ball Pocketing)の良さなのですが、ブラックヴェノムはスペック上同じ様なStiffnessとEnergy Returnでもボールを打った時の感じは異なっています。


ブラックヴェノムの方が球持ち(ボールホールド)が更に良く、一度撓んでからボールが飛ぶ感じです。


自分のスイングスピードでは球持ちが良過ぎて少し打ち辛く感じます。


また撓み過ぎがパワーロスになっているような感じがしてボールに勢いが無いような気がします。


撓み切った底で打つと良い球が出ますが常にフルスイングで打つのはしんどいし、自分の技量では毎回万全の状態で打てる訳もなくストロークを打つのに神経を使います。


ボレーも運ぶようなボレーを打つ人にはもしかしたら良いのかもしれませんが、球離れの悪さから押し込むように打たないと深い位置まで飛んで行かず非常に打ち辛さを感じました。


球乗りが良いという言葉は肯定的な意味で使われますが、程度次第で「その人のスイングスピードに合った」という前提条件が付いた上での話だと思います。

 

過度の球持ちの良さははもはやプラスの要素では無くなってしまします。


撓み過ぎというかくわえこみ過ぎというか、ボールを捉えた時のインパクトからボールがリリースされるまでにワンクッション間が空いているかのようでどうにも感覚的にタイミングが合いません。

 

ブラックヴェノムはあまりにもボールのリリースが遅過ぎて打ち方にまで影響が出そうです。

 

ブラックヴェノムは自分には合わないようです。

 

 

足攣り対策

交通事故後テニスを再開してから練習した日の夜は必ず足が攣る(もしくは攣る一歩手前の痙攣が起こる)ようになってしまったので、足攣り対策は必須でした。

 

一番効果が高かったのが、前に紹介した「マグネシウムスプレー」ですが、ベトベトするのが気になっていました。

 

最近、ダメ元でスプレー無しで寝てみましたが、やはりピクピク痙攣して寝られませんでした。

 

でも足が攣りそうになるときは前兆があることに気付きました。

 

それは足の指がピクピク痙攣を始めまることです。

 

そこでスプレーの代わりに足の指をストレッチしてみたところ思いの外効果があり、スプレー無しでも寝られました。

 

足の疲労具合でストレッチだけではダメな時もありますが、そういう場合にはスプレーをすることにしました。

 

少なくとも芍薬甘草湯(血圧を上昇させる効果があり高血圧の人には良くないそうです)も睡眠時の着圧ソックスも使わずに済むようになりました。

 

万人に効く方法かは分かりませんが、悩んでいる人への情報共有として書いてみました。

Solinco Hyper G 18 – つづき

前回あまり印象の良くなかった「ハイパーG」ですが、1週間空けて二度目の使用です。

 

今回は比較の為ポリスピン3Dと交互に使ってみました。

 

テニスウェアハウスの似たストリングを探すツールだともっとも重要な要素としているストリングの柔らかさ(stiffness)の数値は同じなのですが、打感は違います。

 

ハイパーGに比べるとポリスピン3Dは打感が柔らかく感じます。

 

ボールが飛んでいく軌道も異なり、そのせいか良い球を打てる打点が違います。

 

ハイパーGはやはりよりスピンが掛かるのか、ボール軌道が少し山なりです。

 

ですので自分のスイングでは良い球が出る打点もポリスピン3Dよりはかなり低い位置になります。

 

ポリスピン3Dは高い打点からフラットドライブが打ち易く、ハイパーGは低い打点ならスピンを掛ける(と言っても自分はトップスピナーではありません)打ち方の方が打ち易い印象です。

 

球離れはハイパーGの方が良く、ポリスピン3Dの方が球持ちが良いので、フォアハンドストロークはハイパーG(打ち方、ボール軌道は変わってしまいますが)、ボレーはポリスピン3Dの方が打ち易く感じました。

 

同じ理由からだと思いますが、バックハンドストロークはフラットもスライスもハイパーGでは若干打ち辛さがあります。

 

ただ、今すぐ使用をやめたいと思う程ではありません。

 

やはり、自分の場合、初回の印象は当てになりません。

 

もはや、クリームでもリンクスでもハイパーGでもどれでも使えそうな感じです。

 

それぞれに一長一短がありパーフェクトなものはありませんが、少なくとも当初の目的である廃番のポリスピン3Dの手持ちが切れても、何とかやっていけそうだということは分かりました。

 

試そうと思って買ったストリングとしてまだブラックヴェノムが残っていますが、昔試してダメだったのを思い出しました。

 

今と昔では筋力とか体の動きも変わっている(自分の場合は悪くなっていく)はずなので、今使ったら違う印象になるかもしれませんが、それはもうしばらくハイパーGを試してからでも良さそうです。

 

年齢と共に合うラケット、合うストリングが変わっていくのも止むを得ないことではありますが、まだそのストリングに合ったテンションという問題が残っており(クリームはテンションの調整でまた印象が変わるかもしれません)道具選びの泥沼にはまりそうです。

 

自分はかなり道具には拘る方で、少しでも合わないと思うと使用は断念してしまうのですが、最近のポリは余程性能が上がっていて外れが無いのか、もしくは目論見どおりテニスウェアハウスのツールが正確なのか、候補を3つも見つけられました。

 

自分は他人にストリングをこれが良い/悪いと勧めるつもりは毛頭ありませんが、このテニスウェアハウスのツールを活用した自分に合ったストリング探しの方法だけはお勧め出来そうです。

 

一発で見つかるとは言えませんが、無数にあるストリングの中から闇雲に探すよりはこのツールで候補を絞って探す方が絶対に効率が良いと思います。

 

ストリング探しの迷路にはまり込んで道に迷っている人にはきっと良い道標になることでしょう。

Solinco Hyper G 18

勿体無いので張替えが中々出来なかったナチュラルガットも流石に表面コーティングが取れてそろそろ切れそうで打感も飛びも悪くなってきたので思い切って前から試そうと思っていた「Solinco Hyper G 18」に張り替えました。

 

張り立ての硬さが嫌で、張り替えて直ぐに使った時は大体印象が悪いので、また印象が変わると思いますが、初回使用時の感想を書いてみます。

 

ただし、インプレとか誰かが選ぶときの参考にしてもらおうという訳ではなくただの個人の感想ですので悪しからず。

 

スペックからハイパーGには期待を寄せていましたが、残念ながら使ってみた感想は今イチでした。

 

先ず気になったのが打感です。

 

もう本当に感覚的なものですが、ストリングではない何か別のもので打っているような妙な打感でした。

 

f:id:VVizzy:20191002215912j:image

⬆︎こういう細いビニールチューブ(空洞がある感じという意味ではなく、触った感じのイメージ)で打ったらこんな打感じゃないかというようなねちっこい感じの感触です。

 

擬音にしたら「ネチャ」って感じです。

 

球離れが良いというよりは球持ちが良い部類に自分は感じました。

 

事実、調整しないと思っているより引っ張り気味になりました。

 

飛びが出ないとかではありませんが、フラット気味に打っても球速はいつもより出ていない感じです。

 

トップスピナーではないので、スピンがどうこう語るのはおこがましいですが、スライスから判断するにスピン性能が噂程高い感じもしませんでした(ツアーバイトでもそう思ったのでこのメーカーのストリングは合わないのかも?)。

 

ただ、スライスの打ち方にも色々あって、自分はどちらかというと表面をこすって掛けるタイプなので、厚いあたりで回転を掛ける人はまた違った意見かもしれません。

 

フォアでは軌道を上げないとネットミスになり、入ってもボールが短くなる傾向があったので、恐らくそれはスピン過多からではないかと思います。

 

とどのつまりやはりスピンガットなのだと思います。

 

振動吸収性能も良いと思いますし、最近試した他のポリよりは柔らかい感触です(テニスウェアハウスのデータでは皆同じ硬さのはずなのですが)。

 

柔らかさのせいなのかスピン性能が高いせいなのかは分かりませんが、その分球速は犠牲になっている感じがするので、フラット系のストロークの自分には合っていない気がします。

 

ボールがネットにかからないように、浅くならないように打ち方を調整しなければならないというのもちょっと…。

 

まあ来週になったら違うことを言っているかもしれませんが。

 

上に書いたことは個人の感想なのであまりに気しないで下さい。

 

所詮、私とはスイングスピードも使っているラケットも、打った相手もサーフェイスも違うのですから他人の感想なんて所詮当てにはなりませんので。

ハイパーGとブラックヴェノム

テニスウェアハウスの「似たストリングを探すツール」を利用して、愛用のPrince ポリスピン 3D(廃盤)の代わりのストリングを探す試みの第2弾として、暫定1位、2位のリンクスとクリーム以外のストリングを試してみることにしました。

 

ポリスピン3DのStiffness(ストリングの硬さ、テニスウェアハウスでは似たストリングを探すのに一番重要な要素としている)は179なので、それに近い数値のストリングとして以下の2つを新たに試そうと思っています。

 

f:id:VVizzy:20190813172750p:image

 

両方とも数値は180です。 

 

1. ソリンコハイパーGー数値を見る限り性能面ではこちらが上だが、ちょっと抵抗感のある緑色。 自分のラケットのカラーリングには全く合わないのが難点か?

 

 

 2. ポリファイバーブラックヴェノムー送料を入れても千円以下でコスパ良し。 果たしてお値段以上となるか?

 


 

 

まだポリスピン3Dを張って2回しか使っていないので、試すのは少し先になります。

 

 

 

クリームとリンクス

リンクス>クリームと結論付けましたが、やはりそれぞれ一長一短があります。

 

クリームは52lbs.で張ってしまうと飛び過ぎてしまい抑えを効かせることに意識を向けていなければいけないのが辛いな、と思いました。

 

と、言ってテニスエルボーを発症しているのにポリでこれ以上テンションを上げて良いのか、ということもあり対策が思い付きませんでした。

 

リンクスですが、打感も良く、何が打ち難いということもないので、相対的にクリームよりこちらだろうと判断しましたが、テンション維持が悪いかもしれません。

 

1ヶ月半経った頃からアウトが多くなり、2ヶ月経った今はハードヒットで吹かしてアウトする回数が増えた反面、ハードヒットしていないショットに関しては浅くなることが多いような気がして少し打ち辛さを感じます。

 

確かにテニスウェアハウスのデータからもテンション維持はあまり良い方ではなかったと思いますが、それでもポリスピン3Dよりは数値は良かったと思います。

 

ただ単にポリスピン3Dを美化し過ぎているだけかもしれませんが、1.5ヶ月が気持ちよく打てた期間と考えると、今週一でしかテニスをしていないので、ある意味寿命は4、5回。

 

飛び過ぎしまうクリームと寿命の短いリンクス。

 

とりあえず、ナチュラルを切るのはやめて、リンクスをポリスピン3Dに張り替えようと思います。

 

 

後遺症

交通事故で骨盤を骨折して右足の大腿骨が外れてしまい手術をし、4ヶ月間の入院期間のうち3ヶ月は寝たきりでした。

 

手術は成功し、心配された大腿骨頭壊死にもならず(これからもその心配は付きまとうようですが)経過も良好で症状固定と言われてからしばらく経ちます。

 

症状固定と同時にリハビリも終わりましたが、

リハビリをしていた時から気になっていて未だに治らず気に掛かることが一つあります。

 

いわゆるカーフレイズ(つま先立ちになるために踵を上げる動作)がどうしても右足では出来ません。

 

左足では出来るので、両足でやっても左足がカバーしてくれるのか出来るような気がするのですが、実は右足は動いていません。

 

右足だけでやるとピクリとも動かないので何かがおかしいのだと思います。

 

寝た切りだったので筋力が落ちているだけだとはじめは思っていましたが、あまりに回復しないのでやはり何か問題があるのではないかと心配です。

 

でも筋力不足も否定出来ないので、先日シックスパッドフットフィットを購入しました。

 

EMSが効きにくいようであまり筋肉が収縮する感じはしませんが、それなりに効いているようで、これを使った晩はテニスをやった日と同じく、足が痙攣し攣りそうになります。

 

足攣り対策で効果が高いなと思うもにはマグネシウムスプレーで使い始めてから攣るところまで行きません(気にせず寝られるようになりました)。

 

足の方は筋力の問題かもしれませんが、イップスのような心理的なものかもしれませんし、手術の時結構大きく切ったので神経が傷ついているのかもしれません。

 

少し様子を見て改善しなければ病院で診察を受けてみようかと思います。

 

テニスで前に落とされると動けずとれないので足が何とかなればもう少しパフォーマンスも上がると思うので。